<< 主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見−米国(時事通信) | main | フェースブックがグーグル抜き首位に 「ソーシャルの時代」鮮明に(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


震災貸付金264億円焦げ付き 兵庫県が試算(産経新聞)

 平成7年の阪神大震災後、兵庫県内で貸し付けられた災害援護資金と生活福祉資金(特例枠)のうち、20年度末の時点で計約264億円が回収困難となっていることが18日、県の包括外部監査報告でわかった。県は最大37億円の負担を被る可能性があり、監査人は「県民への適切な情報開示のもと処理を進める必要がある」と指摘している。

 災害援護資金は住宅が全半壊するなどした被災者に最高350万円を貸し付ける制度。原資は国や県、政令市が負担し、貸出窓口となる市町は期限内に回収して国・県に返済する。震災では県内約5万6千世帯に約1308億円が貸し出されたが、2割近い224億円が滞納。時効(10年)が最も早いもので今年9月に迫っていることから、各市町が滞納者を相手取って返還を求める民事訴訟を起こし始めている。

 監査では、滞納のうち約8割が支払い猶予中で、残りも借受人が行方不明だったり、保証人とともに破産中などのため徴収が不可能か困難なものであることをあげて「ほとんどが不良債権化している」と分析。県費分について補助金や交付税措置がなければ、県が約27億円を負担することになる可能性を指摘した。

 また、低所得者に生活資金として10万〜150万円を貸す「生活福祉資金」(震災特例)では、延べ5万9千件、計約103億円を貸し付けたが、42%の約44億円が未返済だった。

【関連記事】
阪神大震災援護金、借り得許すまじ 滞納者に返還求め訴訟へ 大阪市
阪神大震災機に「直下型」研究 仕組み解明や都市計画活用は途上
阪神大震災15年 助成に財源の壁 共済制度で住宅再建
阪神大震災 母を亡くした白石さん「新しい神戸を創る」
阪神大震災 遺族代表「もう一度会いたい」
20年後、日本はありますか?

<郵便不正>局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言(毎日新聞)
不確定性原理で「ゆらぐ」首相のサイコロ決断?(産経新聞)
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)
<全日空>B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
<小沢環境相>14日に佐渡トキ保護センター訪問(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 19:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
現金化
無料ホームページ
探偵事務所
2ショットチャット
ネイルサロン
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM